大谷翔平、8回10K2失点の力投も10勝目ならず 103年ぶり偉業お預け、エ軍延長惜敗

アスレチックス戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
アスレチックス戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

打撃では2打数無安打2四球、8試合アーチなしでゲレーロJr.と2本差のまま

■アスレチックス 3ー2 エンゼルス(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地・アスレチックス戦で「2番・投手」で出場して8回5安打2失点の力投。今季3度目の2桁10三振を奪ったが、メジャー4年目で初の2桁10勝目はならなかった。フォーシームの最速は99.0マイル(約159.3キロ)。防御率3.28となった。チームは9回同点に追いつき、大谷に勝ち負けは付かず。試合は延長10回で2-3で敗れた。

 大谷は剛腕モンタスとの投手戦となった。決め球のスプリットが威力を発揮したが、3回先頭のゴームスにスライダーを痛打されて先制ソロを被弾。4回は1死からチャップマンにフォーシームを中越えソロとされた。8回2死満塁ではチャップマンから空振り三振を奪い、雄叫びを上げてガッツポーズ。自己最長タイ8回で108球(ストライク72球)を投げ、3四球5安打2失点だった。10奪三振は今季最多タイ。

 打撃では初回1死は四球。3回2死二塁で敬遠四球で歩かされた。6回先頭ではセーフティバントで出塁を狙ったが、惜しくも失敗に終わった。8回2死は空振り三振。2打数無安打2四球で連続試合安打は「3」でストップ。8試合ノーアーチとなった。

 今季2敗目を喫した前回10日(同11日)の敵地・アストロズ戦に続き、勝ち星をつかめなかった。両リーグでは1918年ベーブ・ルース以来103年ぶりの同一シーズン2桁勝利&2桁本塁打は次回登板以降に持ち越しとなった。チームは2点を追う9回に奮起。同点に追いつき、大谷に勝ち負けは付かなかった。今季エンゼル・スタジアムでは6勝0敗。本拠地では今季12試合目の登板だったが、負けはつかず、不敗神話は継続された。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY