阪神、桑原謙太朗が今シーズン限りで現役引退「自分の中ではやり切ったかな」

阪神・桑原謙太朗【写真:荒川祐史】
阪神・桑原謙太朗【写真:荒川祐史】

17年に最優秀中継ぎ、通算235試合に登板し15勝13敗、78ホールド、防御率3.48

 阪神は20日、桑原謙太朗投手が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。また、この日に西宮市内で引退会見を行い「自分の中ではやり切ったかなと思います」と14年のプロ生活を振り返った。

 桑原は2007年の大学・社会人ドラフト3巡目で横浜(DeNA)に入団。2011年にオリックス、2014年には阪神にトレード移籍し2017年には最優秀中継ぎに輝いた。通算235試合に登板し15勝13敗、78ホールド、防御率3.48。

 球団を通じ桑原は「最後までちゃんと投げ切りたかったというのはありますが、自分の中ではやり切ったかなと思います」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY