大谷翔平、4の0で2戦連続無安打 9戦ノーアーチでHRトップ2本差、エ軍大敗

アストロズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
アストロズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

登板翌日に「3番・指名打者」で先発出場も4打数無安打

■アストロズ 10ー0 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地・アストロズ戦で「3番・指名打者」で先発出場した。4打数無安打で2試合連続無安打に終わった。打率.255。チームは0-10で大敗した。

 初回2死は一ゴロに倒れ、4回先頭は遊ゴロ。6回1死一塁は空振り三振と先発左腕バルデスを打てなかった。6点を追う8回先頭では2番手左腕レイリーの初球スライダーをフルスイング。打球は高く上がったが、中堅フェンス手前で失速する中飛となった。9試合ノーアーチとなった。

 この日、ロイヤルズ・ペレスが46号を放ち、トップのブルージェイズ・ゲレーロJr.に並んだ。44本の大谷は2本差。残り12試合。本塁打王争いへラストスパートをかけたい。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY