首位ロッテに勝ち運ぶ 東京五輪柔道男子金メダリストのウルフ・アロンが“始球式”

東京五輪柔道男子100キロ級日本代表ウルフ・アロン選手【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
東京五輪柔道男子100キロ級日本代表ウルフ・アロン選手【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

10月5日の本拠地西武戦は「了徳寺大学スペシャルナイター」

 ロッテは21日、10月5日の西武戦(ZOZOマリン)で東京五輪柔道男子100キロ級の金メダリスト、ウルフ・アロンがファーストピッチセレモニーを行うと発表した。

 当日はアロンが職員として所属し、球団のオフィシャルスポンサーを務める了徳寺大学の「スペシャルナイター」として行われる。試合開始は午後6時、セレモニーは午後5時50分頃からの予定。

 アロンは東京五輪で柔道男子100キロ級金メダル、混合団体で銀メダルを獲得。他にも2017年の世界柔道100キロ級、2019年の全日本柔道で優勝など数々の実績を誇る。球団を通して「ボールを投げるのは慣れていないですが、頑張ります!」とコメントした。

 22日にも51年ぶりの優勝マジックが点灯するロッテに、勝ち運を運ぶことができるだろうか。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY