大谷翔平、天を見上げる虚ろな表情… 泥だらけ失意の“大の字”場面にファン共感

4回に二盗を試みたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
4回に二盗を試みたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

四球で出塁した4回、果敢に盗塁を試みてタイミングはセーフだったが…

■アストロズ 9ー5 エンゼルス(日本時間23日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地でのアストロズ戦で自身最多の1試合4四球と勝負を避けられ、2試合ぶりの無安打に終わった。4回には果敢に盗塁を試みるも、無念のタッチアウト。仰向けで大の字になり、虚ろな表情で天を見上げる姿に、ファンは「ここ2日ベッドから動かない私だ」「今朝論文の指導教官からメッセージを受け取った私」との声が上がった。

 4回先頭で、3ボール1ストライクから四球を選んだ直後だった。二塁へスタートを切り、タイミングはセーフだったが、足が二塁ベースから離れてアウトに。泥だらけになった姿で、グラウンドに大の字になって倒れ込んだ様子をMLB公式のサラ・ラングス記者が自身のツイッターで公開した。

 失意の光景は、ファンも心当たりがあるよう。「ハハハハハ、毎日の私のムードだよ」「私のムードはいつもこんな感じ」と共感の声が続々。さらに「かなりの可能性で『一体なんでアウトになったんだろう』と考えているだろう」と大谷の胸の内を推察するコメントもあった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY