打球が突如消えて左翼手は大慌て 阪神救った“珍事”にファン注目「これは奇跡」

阪神・植田海【写真:荒川祐史】
阪神・植田海【写真:荒川祐史】

一塁走者が還れば逆転の場面に「フェンスに救われた?」

■中日 3ー3 阪神(23日・バンテリンドーム)

 外野フェンスがサヨナラを阻止した? 23日にバンテリンドームで行われた中日-阪神戦で、打球が一瞬消える珍事が発生した。中日の福留孝介外野手の同点打は、左翼フェンスにすっぽり。この珍事に、ファンからは「これは奇跡」「運があるのかないのか……」とのコメントが寄せられた。

 中日が1点を追う9回1死一、三塁。一塁走者が還れば逆転の場面で、代打・福留が左翼に放った大飛球は、フェンスに直撃するも跳ね返ってこず。見事に隙間に挟まり、左翼を守っていた阪神・植田も取り出せず。大慌ての中、エンタイトルツーベースとなった。

 この同点打で、試合は3-3で引き分け。打球の跳ね返り具合によっては、一塁走者も生還できた可能性もあっただけに、ファンからは「フェンスに救われた?」「挟まっていなければサヨナラだったんじゃないか?」「バンテリンドームさん、味方のサヨナラ阻止しないでくださいw」などと、中日に同情する声も寄せられた。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY