オリックス吉田正、実戦復帰で右前打&激走 「違和感なく打席に入れたと思う」

オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

左太もも裏を痛め2軍調整中、1軍復帰は間近?

 左太もも裏を痛め2軍調整中のオリックス。吉田正尚外野手が24日、関メディベースボール学院とのプロアマ交流戦で実戦復帰を果たした。2打数1安打1四球で走塁も無難にこなし「チームが決めることですが、一日でも早く復帰できるように、できることを精一杯がんばっていきます」とコメントを発表した。

 吉田正はこの日、「2番・DH」でスタメン出場すると初回の第1打席は四球で出塁。2回の第2打席で右前打を放ち、4回の第3打席は中飛に倒れた。

 試合後は球団を通じ「問題なくスイングすることができましたし、違和感なく打席に入れたと思います」とコメント。走塁面でも一塁から一気に三塁に進むなど、順調に回復しているようで「今できる範囲のことで、精一杯できたと思います。現時点、足の状態は問題ないです。今後の反応を見ながらになるとは思いますが、徐々に上げていけたらと思います」。

 チームは首位争いの真っ只中で、主砲の復帰に期待がかかるが「チームが決めることですが、一日でも早く復帰できるように、できることを精一杯がんばっていきます」と語っていた。

 吉田正は3日のソフトバンク戦で左太もも裏を痛め、5日に出場選手登録を抹消されていた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY