大谷翔平、10勝目ならず 103年ぶり偉業はお預け、7回10奪三振1失点と好投も

マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

7回10奪三振無四球、5安打1失点と好投した、防御率3.18

■マリナーズ 5ー1 エンゼルス(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地・マリナーズ戦で「2番・投手」で出場した。7回10奪三振5安打1失点と好投したものの、打線の援護なく10勝目はお預けとなった。フォーシームの最速は99.2マイル(約159.6キロ)。試合は1-5で敗れた。

 ポストシーズン進出を狙うマリナーズとの対決。初回、先頭・クロフォードに10球目を右前打とされたが、続くフランスを右飛。シーガー、ハニガーを2者連続三振に仕留めた。2回から3イニング連続で3者凡退。3回2死ではクロフォードから98.3マイル(約158.2キロ)のフォーシームで見逃し三振を奪い、今季150奪三振とした。

 5回は1死一、二塁のピンチを作ったものの、後続を仕留めた。6回1死一、二塁ではハニガーを空振り三振、トロを中飛に。7回も続投したが、1死からケルニックに右越えへ同点ソロを浴びた。同2死からバウアーズから空振り三振を奪い、今季4度目の2桁10奪三振をマークした。

 チームは大谷が降板した8回にリリーフ陣が打ち込まれ一挙4失点。打線も反撃することなく3安打1得点で敗戦となった。

 打撃では6回先頭で中前打を放った。勝てば両リーグでは1918年ベーブ・ルース以来103年ぶりの同一シーズン2桁勝利&2桁本塁打だったが、3度目の挑戦も届かなかった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY