大谷翔平、6戦ノーアーチでHRトップと2本差 四球攻めなく真っ向勝負も3戦ぶり無安打

「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズ投手陣が大谷と真っ向勝負も3試合ぶり無安打に終わった

■レンジャーズ 5ー2 エンゼルス(日本時間29日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地のレンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場した。3打数無安打1四球で3試合ぶりの無安打に終わった。チームは2-5で敗れた。

 大谷のバットから快音は響かなかった。新人右腕アレクシーと対戦した初回1死は四球を選び、3回1死は遊直。6回先頭は左腕アラードに見逃し三振に倒れた。9回先頭は二直。明らかに勝負を避けられることはなかったものの、6戦ノーアーチとなった。

 ロイヤルズ・ペレスが両リーグ単独トップ47号を放った。リーグ3位の45本を放っている大谷とは2本差となった。シーズンは残り5試合だ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY