阪神・岩田稔が現役引退 1型糖尿病と闘いながら虎一筋16年、通算60勝をマーク

阪神・岩田稔【写真:荒川祐史】
阪神・岩田稔【写真:荒川祐史】

3年目の2008年に10勝をマーク、翌年WBC日本代表に選出

 阪神は30日、岩田稔投手が今季限りで現役引退すると発表した。37歳の左腕は阪神一筋16年間プレー。通算60勝をマークした。

 岩田は大阪桐蔭高、関大を経て2005年大学生・社会人ドラフト希望枠で阪神入り。3年目の2008年に10勝をマークし、翌09年にはWBC日本代表にも選出された。

 高校2年時に発症した1型糖尿病とも闘いながら通算200試合に登板し、60勝82敗、防御率3.38の成績を残した。今季はここまで3試合登板、0勝0敗、防御率0.00の成績を残している。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY