大谷翔平が速すぎる… 快足内野安打に投手愕然「ヘッドスライディングすべきだった」

レンジャース戦に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
レンジャース戦に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

一塁へ痛烈なゴロ放った大谷は投手よりも早く一塁に到達した

■エンゼルス 7ー2 レンジャーズ(日本時間30日・アーリントン)

 エンゼルス大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地で行われたレンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発出場し、5打数2安打2盗塁。史上6人目の「45本塁打&25盗塁」を達成した。6回の第3打席では俊足を生かして一塁内野安打で出塁。一塁ベースカバーが間に合わなかったレンジャーズのテイラー・ハーン投手は「ヘッドスライディングをすべきだったかもね」と快足ぶりを形容した。

 2-2で迎えた6回、先頭で打席に入った大谷がカウント1-1から放った打球は一塁への痛烈なゴロ。一塁手のロウが捕球し、ベースカバーに向かうハーンに送球しようとするが、大谷の方がはるかに早く一塁へ到達。ロウは送球することさえできなかった。大谷はその直後に今季25個目の盗塁を決め「45-25」を達成した。

 大谷の内野安打&盗塁が呼び水となってエンゼルスはこの回4点を挙げて勝ち越した。敗戦投手になったハーンは大谷の安打について「打球に対して反応が遅くなってしまってカバーが間に合わなかった。俊足であることは知っていたから、ヘッドスライディングするべきだったかもね」と語った。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY