大谷翔平と「同僚であることを誇りに思う」 歴史的シーズンにエ軍右腕がねぎらい

エンゼルス・大谷翔平(左)とアレックス・コブ【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とアレックス・コブ【写真:Getty Images】

ともに先発ローテーションを張るアレックス・コブが間近で見た大谷翔平の偉大さ

 エンゼルス・大谷翔平投手の投打両面での驚異的な活躍を同僚が絶賛している。アレックス・コブ投手は9月30日(日本時間10月1日)の試合後、大谷に触れ「言葉が見当たらないよ。彼が同僚であることを誇りに思う」と、歴史に残るシーズンを振り返っている。

 投打二刀流でプレーする大谷には、投手だけ、打者だけの場合より明らかに多い準備が必要となる。コブは「フィールドでの出来事を誰もが、毎日目撃している。シーズンを戦ううえで、街から街へと移動する苦労や、スランプに陥って、そこから抜け出す苦労だってある」とねぎらった。

 大谷はここまで投手として9勝、野手として45本塁打。さまざまな“メジャー初”記録を打ち立ててきた。さらにコブが称えるのは、大谷の執念だ。「彼が同僚であることを誇りに思うよ。なぜなら試合に出場して懸命にプレーしているし、本当に勝利を求めているからね。彼が味方でいるのは嬉しいことだ」。毎試合、勝つために力を出し切る大谷のプレーが、低迷エンゼルスの光となる。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY