大谷翔平、シーズン94四球の日本人最多記録 1試合2四球で2009年福留孝介を抜き去る

「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回四球に続いて1試合2四球、94四球はリーグ3位

■マリナーズ ー エンゼルス(日本時間3日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地・マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場し、1試合2四球をマークした。シーズン94四球は2009年福留孝介(カブス)を抜いて日本選手シーズン最多となった。

 2点を追う6回先頭。右腕フレクセンから高低を使った配球で攻められたが、3ボール1ストライクから外角に外れるフォーシームを見極めた。さらに8回無死一塁では右腕セワルドと対戦。外角中心の攻めに対してフルカウントから四球を選び、リーグ3位の94四球とした。また、18敬遠はリーグ断トツとなっている。

 マリナーズはワイルドカードでのポストシーズン進出へ1敗も許されない。戦前から四球で勝負を避けられる可能性を指摘されていた。ここまで99打点。100打点に到達すれば日本人選手では2007年松井秀喜(ヤンキース)以来14年ぶりとなる。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY