大谷翔平、2本及ばず日本人初本塁打王ならず ペレスとゲレーロJr.が48本で分け合う

ロイヤルズのペレス、エンゼルス・大谷翔平、BジェイズのゲレーロJr.【写真:AP】
ロイヤルズのペレス、エンゼルス・大谷翔平、BジェイズのゲレーロJr.【写真:AP】

大谷は46号先頭弾を放つも、2度の敬遠で2人に届かず

 MLBは3日(日本時間4日)、今季のレギュラーシーズン最終戦が行われ、ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手とブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手が48本で本塁打王を分け合った。エンゼルスの大谷翔平投手はマリナーズ戦で46号を放ったものの、2人に2本及ばなかった。

 熾烈なア・リーグ本塁打王争いは最後にドラマが待っていた。ペレスが48本、ゲレーロJr.が47本、大谷は45本で迎えたシーズン最終戦。まず大谷がマリナーズ戦の初回に46号先頭打者本塁打を放って差を詰めると、ゲレーロJr.がオリオールズ戦の2回に48号2ランを放ってペレスに並んだ。

 大谷はその後、プレーオフ進出の可能性を残すマリナーズベンチの戦略により、2回1死二塁の第2打席、5回2死三塁での第4打席では勝負を避けられて申告敬遠。この日は1本塁打に終わり、日本人初の本塁打王には手は届かなかった。ペレスは不発に終わり、1本塁打で追いついたゲレーロJr.と48本で並び、本塁打王を分け合うことになった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY