エンゼルスに守護神“流出”の危機 フィリーズの補強候補に「最高の選択肢」

エンゼルスのライセル・イグレシアス【写真:Getty Images】
エンゼルスのライセル・イグレシアス【写真:Getty Images】

ドンブロウスキー編成本部長「我々はもっとうまく試合を締める必要がある」

 ア・リーグ西地区4位に沈み、7年連続でプレーオフ進出を逃したエンゼルス。今季9勝、46本塁打と活躍した大谷翔平投手が「勝ちたい」と発言したこともあって、プレーオフ進出を目指す今オフの補強に期待が集まっている。

 ただ、そんなエンゼルスにとって気がかりとなりそうなのが守護神ライセル・イグレシアス投手の流出危機だ。今季65試合に登板し、7勝5敗34セーブ、防御率2.57をマークした右腕は今オフにFAとなる。不安定だった救援陣の中でただ1人、安定した成績を残したイグレシアスには複数球団が興味を示すと見られている。

 フィリーズが本拠地を置くフィラデルフィアの地元紙「フィラデルフィア・インクワイアラー」は、オフの補強のターゲットとしてイグレシアスを「最高の選択肢となる可能性が高い」と指摘している。

 フィリーズのデーブ・ドンブロウスキー球団編成本部長はこれまで、レッドソックスで編成本部長を務めるなど、在籍球団で大型補強を敢行してきた経歴を持つ。ただ、記事では「贅沢な資金投入が、必ずしも賢明なアプローチではないことを実感している。82勝80敗に終わった今季を分析したドンブロウスキーによると、彼らには“打線の主軸”や“先頭打者”、“守護神”、そして状況次第で遊撃手が必要になるとしている」と指摘している。

 今オフはコーリー・シーガーやハビアー・バエス、トレバー・ストーリー、クリス・ブライアントといった大物選手がFAになるものの、同編成本部長は「私が思うに、市場に乗り出して大物を獲得するのが常に(補強の)答えではない。チームにフィットする補完的な選手も必要になってくる」と語り、なおかつ「我々はもっとうまく試合を締める必要がある。それは疑いようがない。優先事項として答えを求めていくだろう」としてクローザー補強の必要性にも言及している。

 そこで浮上してくるのがイグレシアスの存在。このオフにはドジャースのケンリー・ジャンセンという実績あるクローザーもFAとなるが、イグレシアスの今季年俸は913万ドル(約10億4000万円)と、ジャンセンの2000万ドル(約22億7000万円)よりは遥かに格安。それだけに同記事では「イグレシアスはその中でも最高の選択肢となる可能性が高い」と補強の候補に推している。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY