「この瞬間だけMLBなのよ」鷹・柳田とロッテ助っ人の対決が「本当に紙一重」

ソフトバンク・柳田悠岐とロッテのアデイニー・エチェバリア【写真:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンク・柳田悠岐とロッテのアデイニー・エチェバリア【写真:パーソル パ・リーグTV】

鷹・柳田の投手頭上を越える打球vsロッテ・エチェバリアのランニング走塁

■ソフトバンク 6ー0 ロッテ(19日・PayPayドーム)

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手とロッテのアデイニー・エチェバリア内野手のハイレベルなプレーに称賛の声が上がっている。19日にPayPayドームで行われた一戦で、内野安打を巡るワンプレーにファンからは「この瞬間だけMLBなのよ」とコメントが寄せられた。

 0-0の6回2死二、三塁。柳田が放った打球は鈍い当たりで投手の頭上を越えた。二塁後方に守っていた遊撃・エチェバリアは前進して走りながらジャンピング送球。全力疾走していた柳田が一足早く一塁ベースを駆け抜け、先制の適時内野安打になった。

 見応え十分な両者の“攻防”にファンも大興奮。「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルがこのシーンを動画で公開すると「もう全部凄いw」「ギータもエチェバリアのギリギリのプレー」「5G走塁」といったコメントが寄せられた。

【動画】「この瞬間だけMLBなのよ」鷹・柳田とロッテ・エチェバリアの「本当に紙一重」な対決

RECOMMEND

CATEGORY