イチロー氏は「レベルが違いました」 高松商のプロ注目スラッガーが驚いたこととは?

高松商に指導を行ったイチロー氏【写真:代表撮影】
高松商に指導を行ったイチロー氏【写真:代表撮影】

「イチローさんはずっと真っすぐ伸びてくる。やばいです」

 マリナーズのイチロー氏(会長付き特別補佐兼インストラクター)が12日、レクザムスタジアムで高松商(香川)に指導を行った。国学院久我山(西東京)、千葉明徳(千葉)に続く今年3度目の高校訪問。指導を受けたプロ注目の浅野翔吾主将はイチロー氏とキャッチボールも行い「レベルが違いました」と驚愕した。

 打撃や守備、走塁と多岐にわたって高松商の球児たちに指導を行ったイチロー氏。この日、同氏とキャッチボールを行った浅野主将は「レベルが違いました。今まで垂れるボールしか見たことなかったんですけど、イチローさんはずっと真っすぐ伸びてくる。やばいです。手が痛かったです」と、イチロー氏が投じるボールの球筋に驚きを隠せなかった。

「テレビでしか見たことがなかったんですけど、実際に目の前に現れたので、いい経験というか凄いなと思いました」と2日間を振り返った浅野主将。「プロのトップレベルの選手のキャッチボールと比べて、まだまだ全然、レベルが低いと思った。あのトップレベルにならないと、試合にも出られないと思うので、ああいうトップレベルのキャッチボールを意識してやっていきたいと思っています」とも語った。

 今夏、高松商は初めてイチロー氏が指導した智弁和歌山に甲子園で敗れて敗退した。浅野主将は「智弁和歌山さんがイチローさんに指導を受けて、すぐに優勝したので、自分たちもイチローさんの指導を受けたので、しっかり結果を残して、来年の夏、いい報告をイチローさんにできたらなと思います」と語り、来夏の躍進をイチロー氏に約束していた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY