同級生は衝撃デビューも「自分は何もできてない」 ロッテ中森俊介が糧にする“焦り”

ロッテ・中森俊介【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・中森俊介【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

2020年ドラフト2位・中森、昨季は体づくりで公式戦には登板せず

 ともに甲子園を沸かせた同級生に、負けてはいられない。ロッテの中森俊介投手は、はやる気持ちを抑え、キャンプで練習に励む。1年目の昨季は、体づくりに注力。「同級生の来田(涼斗)が1軍で活躍していたので多少の焦りはありました。でも、それを自分の中でポジティブに捉えるようにして、トレーニングに励んでいました」。プロ生活も2年目となり、少し大人びた表情になった19歳は、未来に視線を向ける。

 連投の多かった高校時代から一転、チーム方針もあり、佐々木朗希投手の1年目と同じように、公式戦には登板しなかった。体重は入団時から4キロ増え90キロに。下半身も一回りたくましくなった。黙々とウエートや体幹トレーニングを続ける中、頭の片隅には常に“同級生”の存在があった。

「来田が1軍で試合に出てるのに、自分は何もできていないというもどかしさ、悔しさはありました」

 オリックス・来田とは明石商時代、春夏合わせて甲子園に3度出場。中森は2年夏に150キロを計測、来田は甲子園で計3本の本塁打を放ち、2年時には投打の軸として春夏4強入りを果たした。ともに超高校級と呼ばれ、切磋琢磨してきた仲間が、もう1軍の舞台で活躍している――。刺激にならないはずがなかった。

来田はプロ初打席初球本塁打「打つだろうなとは思っていた」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY