エンゼルスの開幕ローテ6人が決定 大谷翔平と担う最後の1枠は22歳有望株に

エンゼルスのリード・デトマーズ【写真:AP】
エンゼルスのリード・デトマーズ【写真:AP】

有望株ランキングでは球団内で1位、全体でも21位につけるデトマーズ

 エンゼルスの有望株左腕、リード・デトマーズ投手の開幕ローテ入りが決定した。1日(日本時間2日)のレッズとのオープン戦に先発し、3回2/3を5安打2失点、6奪三振無四球の投球内容。試合後にはマドン監督が開幕ローテーション入りを明言した。

 2020年ドラフト1巡目(全体10位)の22歳左腕は、開幕前に発表されたMLB公式サイトの有望株ランキングでは球団内で1位、全体でも21位につける超有望株。昨季はメジャーデビューし、5試合に先発したが1勝3敗、防御率7.40と壁に跳ね返されていた。しかし、今季のオープン戦では2試合で5回2/3を投げて防御率3.18、11奪三振で無四球の内容で猛アピールしていた。

 試合後にマドン監督は「本当に感心した。彼はこの先さらに成長する。持っている力をどう生かすかなど、学ぶことがまだたくさんある。あのようなカーブを投げる投手は多くない」と絶賛。「彼には既に6番目の先発ローテの枠について伝えている。正式に6番手の先発投手だ」と明言した。

 デトマーズ自身も「いい感触だった。登板する度にストライクゾーンを積極的に攻め、四球を抑えるようにしている。あとはとにかく勝負すること。カーブもスライダーもいい感触があった」と好感触。投球内容にも「ここ数週間の僕の主なフォーカスは、ストライクを投げることだった」と手応えを得たよう。これにより、エンゼルスは開幕投手に決まっている大谷翔平投手のほか、サンドバル、シンダーガード、スアレス、ローレンゼン、そしてデトマーズが開幕ローテの6人に決まった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY