筒香、2打数1安打で打率.381に上昇 澤村は1回無失点、加藤は二塁打放ち打率.348

パイレーツ・筒香嘉智(左)とブルージェイズ・加藤豪将【写真:AP】
パイレーツ・筒香嘉智(左)とブルージェイズ・加藤豪将【写真:AP】

大谷はドジャース戦の5回にオープン戦3本目の本塁打を放つ

 メジャーリーグは3日(日本時間4日)、各地でオープン戦が行われた。パイレーツの筒香嘉智外野手は古巣でもあるレイズ戦に「4番・一塁」で出場し、2打数1安打。オープン戦打率を.381に上昇させた。

 初回の第1打席は空振り三振に倒れた筒香だったが、4回先頭での第2打席で中前安打を放った。6回の守備でベンチに退き、この日は2打数1安打。オープン戦のOPSは1.186となった。

 ブルージェイズの加藤豪将内野手はヤンキース戦に途中出場。7回の守備から二塁に入ると、8回2死で巡ってきた打席では左翼への二塁打を放った。この日、加藤は1打数1安打。オープン戦打率を.348に上昇させ、メジャー昇格へアピールを続けている。

 レッドソックスの澤村拓一投手はブレーブス戦に2番手で登板。6回からマウンドに上がると、1回を無失点に抑えた。先頭のオスナを三ゴロに封じると、デュバル、ディッカーソンを外野フライに仕留めて3者凡退と好リリーフを見せた。

 またエンゼルスの大谷翔平投手はドジャース戦に「1番・指名打者」で出場。5回の第3打席でオープン戦3号のソロ本塁打を放った。カブスの鈴木誠也外野手はガーディアンズ戦には出場しなかった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY