大谷翔平、“高速”178キロ弾に満員4.4万人が熱狂 打率.304で順調な仕上がり

第3打席でオープン戦3号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
第3打席でオープン戦3号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

5回にド軍剛腕ビューラーから右中間3号ソロ

■エンゼルス 5ー1 ドジャース(オープン戦・日本時間4日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地エンゼルスタジアムで行われたドジャースとのオープン戦に「1番・指名打者」で先発出場し、2打席凡退で迎えた5回の第3打席で3試合ぶりの3号ソロを放った。3打数1安打1打点で打率.304、OPS1.231となった。チームは投打が噛み合い5-1で快勝した。

 豪快弾は5回1死だった。昨季16勝で今季の開幕投手を務める右腕ビューラーのチェンジアップをバットに乗せた。右中間席へ飛び込むソロ。3月29日(同30日)のロッキーズ戦以来3試合ぶりの一発は、打球速度110.9マイル(約178.5キロ)、飛距離412フィート(約125.6メートル)だった。

 キャンプ地からエンゼルスタジアムに戻ってのオープン戦。初回先頭は空振り三振し、2回2死一塁は一ゴロ。3打席目で連続試合安打を「5」に伸ばした。7回先頭で代打を送られて途中交代した。

 同じロサンゼルスを本拠地とするフリーウェイシリーズ初戦には4万4401人が集まった。この日、マドン監督は「気に入っている」と大谷を1番打者として固定する考えを示した。4月7日(同8日)のアストロズとの開幕戦へ順調な仕上がりを見せた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY