大谷翔平、新登場曲で抜群のセンス エ軍関係者も絶賛「グレイテスト・ショウヘイ」

打席に入るエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
打席に入るエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

今季の打席に入る際の登場曲「The Greatest Showman」

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地・エンゼルスタジアムで行われたドジャースとのオープン戦に「1番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席で3試合ぶりの3号ソロを放った。3打数1安打1打点で打率.304。また、今季の打席に入る際の登場曲に「The Greatest Showman」を設定。本拠地初陣でダメ押し弾とド派手に飾った。

 Woah Woah Woah Woah♪ 大谷が耳に残る軽快な音楽に合わせて打席に向かう。結果を出したのは5回1死だ。昨季16勝を挙げた開幕投手・ビューラーのチェンジアップをバットに乗せて右中間へ。オープン戦3号ソロ。打球速度178キロの高速弾で、地元ファンを熱狂させた。

 キャンプ地から本拠地・エンゼルスタジアムに戻ってのオープン戦。地元ファンに大歓声で出迎えられる中で、ショウヘイがショーマンを登場曲に選曲――。シャレのきいた選曲は、球団関係者にも大好評だった。

「ショウヘイの名前にかけているんだと思う。グレイテスト・ショーマン、ショウヘイだ。いい曲だと思うね。エネルギッシュだし、ショウヘイの名前にかかっていて面白いよ。スタイルに合っている。いい組み合わせだと思う」

 昨季は多国籍バンド「ALI(アリ)」の「ロスト・イン・パラダイス feat. AKLO」を打席登場曲として使用。同曲は人気アニメ「呪術廻戦」のエンディングテーマで、大谷は「気分ですかね。呪術廻戦、毎週楽しみにしていたので」と笑顔で明かしていた。昨季は二刀流の活躍で満票MVPを受賞し、「ショウタイム」の愛称が定着。今季の選曲は大谷にふさわしい選曲と言える。

 4日(同5日)からのドジャース2連戦は敵地・ドジャースタジアムへ舞台を移す。オープン戦も残り2試合。今季も最強のショーマンとしての躍動する姿を期待したい。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY