鈴木誠也、オープン戦初マルチ安打 第2打席で適時打、第3打席でも中前安打

カブス・鈴木誠也【写真:AP】
カブス・鈴木誠也【写真:AP】

ホワイトソックス戦に「6番・右翼」で出場

■カブス ー ホワイトソックス(オープン戦・日本時間5日・メサ)

 カブスの鈴木誠也外野手が4日(日本時間5日)、アリゾナ州メサで行われたホワイトソックス戦で初のマルチ安打を放った。「6番・右翼」でスタメン出場すると、4回の第2打席で中前適時打を放つと、5回の第3打席でも中前へ弾き返して、オープン戦初の複数安打とした。

 2回の第1打席は四球を選んだ鈴木。4回2死一、二塁のチャンスで迎えた第2打席では中前へ同点の適時打を放った。2打席連続で出塁して迎えた第3打席でも痛烈なゴロで二遊間を破って中前安打。2打席連続で安打を放った。

 鈴木は3月25日(同26日)のロッキーズ戦でオープン戦初出場。4戦目となる3月30日(同31日)のマリナーズ戦で初安打となる2ランを放った。第2打席で放った適時打は“メジャー初単打”だった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY