大谷翔平から“メジャー初K” 23歳右腕をド軍監督絶賛「この先も覚えているだろう」

三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ミラーは1回、大谷を161キロ速球で三振に仕留めた

■ドジャース 5ー0 エンゼルス(オープン戦・日本時間6日・ロサンゼルス)

 ドジャースの23歳右腕ボビー・ミラー投手が5日(日本時間6日)のエンゼルスとのオープン戦に先発。大谷翔平投手を100マイル(約161キロ)の速球で見逃し三振に仕留めるなど、3回を1安打2奪三振無失点と好投した。デーブ・ロバーツ監督は「自慢の種として素晴らしい」と昨季MVPに堂々と渡り合った右腕を称賛した。

「1番・DH」で出場した大谷と2度対戦したミラー。第1打席ではフルカウントからインローに100マイルを投じて三振を奪った。3回の第2打席はストレートの四球だった。ミラーは2020年ドラフト1巡目(全体29位)で入団した有望株。昨季はマイナーのA+と2Aでプレーした。

 有望株の鮮烈な投球を指揮官も高く評価。大谷から奪った三振を「自慢の種として素晴らしい。メジャーリーグで初めて三振を奪った相手がオオタニなのだからね。彼は間違いなくこの先も(大谷からの三振を)覚えているだろう」と称賛した。今後どのように成長を遂げていくか、注目される。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY