“売り子のビール販売”は台湾でも好評 日本人CEOが続々打ち出す「球場改革」

楽天モンキーズ・川田喜則CEO【写真:球団提供】
楽天モンキーズ・川田喜則CEO【写真:球団提供】

3年目の楽天モンキーズ、川田喜則CEOが思う“魅力ある球場”とは?

 2020年に台湾プロ野球界に参入した楽天モンキーズ。3年目を迎えるチームでCEOを務めるのは、日本人職員の川田喜則さんだ。NPBの楽天イーグルスで球場長を務め、スタジアムの改修に力を入れてきた。モンキーズでも「ボールパーク構想」を掲げており、本拠地の桃園国際球場(桃園市)は改修が進んでいる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、球団誕生から計画していたことが思うように実行できない事情もあるが、球場のボールパーク化は着々と進んでいる。2021年には、スタンド上部に設置されたVIPルームに透明有機ELディスプレイを設置。ディスプレイにより視界が遮られることがないため、試合を見ながら映像を楽しむことができると好評だ。

「今後は屋外型のボックスシートや、バックネット裏にVIPシートを作るなど、毎年ファンの方々の反応を見ながら進めていきたいと考えています。座席の改修だけでなく、食事をセットにしたり、生ビールのサーバーを座席にセットするなど、サービスにもまだまだ発展の余地がある。台湾のサービスとして有用かどうかを考えながら、検討していきたいと思っています」

 売り子がスタンドを歩きながらビールを売る光景は日本では当たり前になっているが、海外では浸透していない。モンキーズでは昨年から日系のビール会社と共同で、ワゴンを引きながら生ビールを販売するという新たな試みを行った。ほかにもビッグプランはあるというが、まずはファンに魅力ある球場づくりをしていきたいと話す。

もっと企業とのコラボを「モンキーズのコンテンツを活用していただけるのでは」

RECOMMEND

CATEGORY