鈴木誠也、デビュー戦に万感「すごく楽しかった」 初安打&3出塁は「自分らしい」

第2打席でメジャー初安打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:AP】
第2打席でメジャー初安打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:AP】

第2打席では昨季CY賞右腕からメジャー初安打、2打数1安打1得点

■カブス 5ー4 ブルワーズ(日本時間8日・シカゴ)

 カブスの鈴木誠也外野手が7日(日本時間8日)、本拠地でのブルワーズとの開幕戦に「6番・右翼」でスタメン出場し、メジャー初安打を含む2打数1安打1得点だった。2四球で3打席連続出塁も記録。試合は5-4で勝利。試合後、ベンチ前で日本のインタビューに応じ「すごく楽しかったですし、日本では感じられない盛り上がりがあった」と充実の表情を見せた。

 昨季11勝でサイ・ヤング賞を獲得したブルワーズの先発右腕・バーンズと対峙し、スタンディングオベーションで迎えられた2回1死二塁の第1打席は四球。5回先頭の第2打席で、1ストライクからスライダーを捉え、ファーストスイングをメジャー初安打にした。さらにヘイワードの中前打で三塁まで進むと、犠飛で同点の生還して初得点も記録。その後ホーナーが勝ち越し2ランを放ち、鈴木の安打が一時逆転の呼び水となった。

 6回2死走者なしの第3打席は、2番手左腕・アシュビーから四球を選んで3打席連続の出塁。迎えた8回先頭の第4打席は、3番手右腕・カズンズのスライダーに手が出ず3球で見逃し三振に倒れた。デビュー戦を白星で飾り「チームが勝てたことが一番です。これから長いシーズンをしっかり怪我なく頑張りたい」と噛み締めた。

 初安打に関しては「なんとかバットに当たってくれと思って打席に立っていた。抜けてよかったです」と安堵の表情。しっかりボールを見極める姿はとてもデビュー戦とは思えず「冷静に臨むことができた。自分らしいプレーができた」と頷いた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY