鈴木誠也はデビュー戦で「強烈な印象を残した」 初安打&3出塁に地元紙も評価

第2打席でメジャー初安打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:AP】
第2打席でメジャー初安打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:AP】

昨季のCY賞右腕からメジャー初安打、2四球で3打席連続出塁も

■カブス 5ー4 ブルワーズ(日本時間8日・シカゴ)

 カブスの鈴木誠也外野手が7日(日本時間8日)、本拠地で行われたブルワーズとの開幕戦に「6番・右翼」でスタメン出場し、メジャー初安打を含む2打数1安打1得点をマークした。2四球で3打席連続出塁も記録。勝利に貢献したデビュー戦を、地元紙の「シカゴ・サンタイムズ」は「開幕戦で強烈な第一印象を残した」と称賛した。

 スタンディングオベーションで迎えられた2回1死二塁のメジャー初打席は四球を選び、5回先頭の第2打席では1ストライクからスライダーを捉え、“初スイング”を左前に運んだ。昨季のサイ・ヤング賞右腕・バーンズから放ったメジャー初安打。その後に好走塁も見せ、生還を果たした。6回2死走者なしの第3打席は再び四球を選んで3打席連続出塁と貢献した。

 同紙は、打率.235だったオープン戦からの修正を見せたことを指摘。開幕前に、今季チームに加入したストローマンと対戦したことが役に立った点にも触れ「彼は打てる。素晴らしいアプローチをしている。かなりのパワーを持っている。対戦相手にすれば、些細なミスも許してくれない選手だね」と語る右腕のコメントも紹介している。

「スズキはそれでもまだ学ぶときがでてくるだろう。対戦相手が彼のデータをより集めれば、彼らはアジャストしてくる。そして彼も投手の新しいアプローチに対応していくことになる」と同紙は今後の戦いぶりにも期待。ただ、上々の滑り出しには間違いなく「デビュー戦において、スズキはリグレーフィールドの観客の前で強烈な印象を残した」とまとめた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY