鈴木誠也のメジャーデビューを自軍エースらも絶賛「落ち着いている」「本当に賢い」

「6番・右翼」で先発したカブス・鈴木誠也【写真:AP】
「6番・右翼」で先発したカブス・鈴木誠也【写真:AP】

開幕投手のヘンドリックス「打つべき球を打っているし、アプローチも素晴らしい」

■カブス 5ー4 ブルワーズ(日本時間8日・シカゴ)

 カブス・鈴木誠也外野手の上々のメジャーデビューに同僚も称賛の嵐だった。7日(日本時間8日)、本拠地で行われたブルワーズとの開幕戦に「6番・右翼」でスタメン出場し、メジャー初安打を含む2打数1安打1得点をマーク。開幕投手としてマウンドに上がったカイル・ヘンドリックス投手も「彼の所作、そしてアプローチにものすごく感心させられたよ」と心を奪われた様子だった。

 鈴木は2回の第1打席四球、5回の第2打席では左前打を放ち、6回の第3打席も四球を選び、3打席連続出塁とチームの勝利に貢献した。この日、開幕投手として5回1/3、5安打1失点の好投を見せたヘンドリックスは鈴木の活躍ぶりに「内心までは読めないけど、凄く落ち着ているように感じるね。打つべき球を打っているし、アプローチも素晴らしい。いいスイングをしている」と目を細めた。

 記念すべきメジャー初安打を放ったベンチ内の様子にも言及し「素晴らしかったね。みんな盛り上がっていた。祝福して、皆でハグして、彼は笑顔を浮かべていたよ。素晴らしい瞬間だった。彼もこの先、忘れられないだろうね」と明かした。

 また、チームの正捕手で3番を担うウィルソン・コントレラス捕手も新戦力の活躍に興味津々。MLB公式サイトでは「チーム全体が彼のことで盛り上がっていた。日本からメジャーにやってきてプレーするのは、簡単なことではない。だけど彼は本当に賢い選手だと思う。本当に賢い打者で、アジャストすると思う。面白くなるね」と、賛辞を送る様子を伝えていた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY