鈴木誠也が「意識の高さを見せた」 三塁まで激走の“神判断”に地元紙も絶賛

開幕戦に出場したカブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】
開幕戦に出場したカブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】

四球で出塁→ポップフライ落球の間に三塁まで大激走

■カブス 5ー4 ブルワーズ(日本時間8日・シカゴ)

 カブスの鈴木誠也外野手が7日(日本時間8日)、本拠地で行われたブルワーズとの開幕戦でメジャーデビューを飾った。初安打を含む2打数1安打2四球と上々のデビュー戦。地元紙「シカゴ・トリビューン」は打撃だけでなく走塁も評価し「意識の高さを見せた」と称えた。

「6番・右翼」で出場した鈴木は、昨季のサイ・ヤング賞右腕バーンズと対戦。2回の第1打席は四球、5回の第2打席では左前に運ぶと、三塁まで進み犠飛で生還。初安打と初得点を記録した。

 6回2死の第3打席も四球で出塁。続くヘイワードが二塁に平凡なフライを打ち上げたが「風も凄かったので、結構内野手が苦しんでいる場面を見ていた」と足を緩めず。ブルワーズの内野陣がお見合いして落球する間に三塁を陥れた。

「あわよくばホームまで行きたいと思った」と振り返っていた鈴木。追加点とはならなかったが、好走塁を同紙も「機転の利いた走塁で意識の高さを見せた」と称えた。

 スタンドには背番号「27」のユニホームを着たファンも多数おり「嬉しかった」。鈴木は笑顔も見せつつ「毎日喜んでいただけるようなプレーができるように頑張りたい」と意気込みを口にした。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY