初の“大谷ルール”「歴史を目撃した」 奪三振ショーに同僚興奮「驚異的だった」

降板後もDHとして試合に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
降板後もDHとして試合に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

若手外野手マーシュ「ショウヘイのピッチングを見ていてとても楽しかった」

■アストロズ 3ー1 エンゼルス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が奪三振ショーを見せた7日(日本時間8日)の開幕戦。降板後もDHとして試合に出場できる“大谷ルール”が初適用された一戦でもあり、一夜明けチームメートのブランドン・マーシュ外野手も「歴史を目撃したということになるね。歴史的なことだった。その一部になれてラッキーだよ」と感慨深げ。メジャー屈指の選手たちとプレーできる喜びを語った。

 大谷はアストロズとの開幕戦で4回2/3を投げ、9奪三振1四球、4安打1失点。その後はDHとして6回と8回に打席に立った。結果的に4打数無安打に終わったが、エンゼルスにとっては大きな追い風となる。加えて今季はトラウトやレンドンが開幕から出場。マーシュも「最高にすばらしい。みんなでしっかりと彼らを助けなくちゃならない」と言う。

 試合には敗れたものの、大谷の奪三振ショーは爽快そのものだったようで「昨日はショウヘイのピッチングを見ていてとても楽しかったよ」。外野から見ていて凄みを感じたようで「驚異的だった。9奪三振。去年の調子をそのまま維持しているね。すでにシーズン半ばの(良い)状態に見える」とも。マーシュは開幕戦に「9番・右翼」で出場して2打数無安打。「彼のために点を取らないとね」と次戦を見据えていた。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY