筒香嘉智、2安打2打点で4番の仕事 チーム2連敗も2試合連続マルチで打率.571

左前適時打を放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
左前適時打を放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

初回には先制の犠飛、3回には今季初適時打をマーク

■カージナルス 6ー2 パイレーツ(日本時間10日・セントルイス)

 パイレーツの筒香嘉智内野手が9日(日本時間10日)、開幕2戦目となる敵地でのカージナルス戦に「4番・一塁」で先発出場。今季初の適時打を含む4打数2安打2打点で打率.571。開幕から2試合連続のマルチ安打を記録した。チームは2-6で2連敗を喫したが、4番はひとり頼もしい。

 カージナルスの先発は元巨人のマイコラス。初回無死満塁のチャンスで迎えた第1打席は先制の中犠飛で今季初打点を挙げた。3回1死二塁の第2打席では左前に運んで今季初の適時打もマーク。5回無死一塁の第3打席は左飛だったが、7回2死走者なしの第4打席では再び左前へ。4番として気を吐いた。

 昨年8月にパイレーツ移籍後、バットで頼もしさを発揮。今季は決意の単年契約で真価が問われる。7日(同8日)の開幕戦ではマルチ安打をマーク。快音連発で、打率.571。メジャー3年目をスタートさせた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY