鈴木誠也、初適時打に喜び炸裂 3打点で開幕2連勝に貢献…際立つ存在感に本拠喝采

中前適時打を放ったカブス・鈴木誠也(左)【写真:AP】
中前適時打を放ったカブス・鈴木誠也(左)【写真:AP】

第1打席で犠飛、第2打席で適時打、第3打席は押し出し四球で本拠喝采

■カブス 9ー0 ブルワーズ(日本時間10日・シカゴ)

 カブスの鈴木誠也外野手が9日(日本時間10日)、開幕2戦目となる本拠地でのブルワーズ戦に「6番・右翼」で先発出場。メジャー初打点と初タイムリーを記録して3打数1安打3打点。9-0での開幕2連勝に貢献した。

 初回1死一、三塁の第1打席ではきっちり右犠飛。メジャー初打点を記録し、満面の笑みを見せた。3回1死一、三塁で迎えた第2打席ではバットを折りながらもしぶとく中前へ。初の適時打に、一塁ベース上で喜びを爆発させた。4回2死満塁の第3打席は冷静に押し出し四球。3打席連続打点を記録した。

 6回1死一、二塁の第4打席と8回先頭の第5打席はいずれも見逃し三振を喫したが、チャンスで役割を果たし、着実に打点を稼いだ。さらに8回の守備では、死球を発端に乱闘寸前の事態になり、右翼から駆けつけた。

 メジャーデビュー戦となった7日(同8日)の開幕戦では、メジャー初安打を記録。2四球を選んで3出塁とらしさも見せた。日本とは違う雰囲気に「毎日喜んでいただけるようなプレーができるように頑張りたい」と話していた中で、早くもファンの心を鷲掴みにした。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY