大谷翔平、バーランダーに3打席連続三振 際どい判定に苦笑い、本拠地は大ブーイング

見逃し三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
見逃し三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

通算226勝右腕・バーランダーと1009日ぶり直接対決

■エンゼルス ー アストロズ(日本時間10日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地・アストロズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。通算226勝右腕・バーランダーと3年ぶりに対戦し、3打席連続三振を喫した。

 初回先頭は真っ向勝負で挑んできた剛腕を打ち返せなかった。150キロ台のフォーシームで攻められ、最後は2ボール2ストライクから96.1マイル(約155キロ)にバットは空を切った。3回2死は1ボール2ストライクから内角低めスライダーに見逃し三振。際どいコースに右手を振って不満そうな表情を浮かべた。

 第3打席は5回1死二、三塁。球場のボルテージは最高潮に達した。しかし、フルカウントからの6球目、96マイル(約154.5キロ)の内角直球に手が出ず見逃し三振。2打席連続の際どい判定に大谷は苦笑い。本拠地は大ブーイングに包まれた。

 39歳のバーランダーは右肘のトミー・ジョン手術から2年ぶりの復帰登板。大谷は本塁打を放った2019年7月5日以来1009日ぶりの直接対決だった。試合前までの対戦成績は17打数4安打の打率.235、2本塁打、3打点。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY