加藤豪将がマイナー降格 プロ10年目でメジャーデビューも開幕3戦目で…

ブルージェイズ・加藤豪将【写真:Getty Images】
ブルージェイズ・加藤豪将【写真:Getty Images】

10日に行われたレンジャーズ戦で代走としてメジャー初出場するも…

 ブルージェイズの加藤豪将内野手が10日(日本時間11日)、マイナー降格となった。この日のレンジャーズ戦前に球団が発表した。

 2013年のドラフト2巡目でヤンキースから指名された加藤。2019年オフにマーリンズへ移籍し、昨季はパドレス傘下でプレーしていた。オフにFAとなり、ブルージェイズへ移籍。オープン戦でアピールし、プロ10年目にして開幕ロースター入りして、メジャー初昇格を果たしていた。

 シーズン開幕戦となる4月8日(同9日)のレンジャーズ戦こそ出番はなかったものの、9日(同10日)の同戦で代走で途中出場し、メジャーデビュー。だが、開幕わずか3戦目にしてマイナー降格となった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY