鈴木誠也、待望の1号3ランで驚異の2試合6打点! 本拠地は大熱狂…出塁率.538

メジャー初本塁打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】
メジャー初本塁打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】

メジャー10打席目で待望の一発、チームは今季初黒星

■ブルワーズ 5ー4 カブス(日本時間11日・シカゴ)

 カブスの鈴木誠也外野手が10日(日本時間11日)、開幕3戦目となる本拠地でのブルワーズ戦に「5番・右翼」で先発出場し、初回に待望のメジャー1号先制3ランを放った。本拠地は総立ちで歓喜。前日の3打点に続き、2試合で驚異の6打点と頼しすぎる。3打数1安打、1本塁打、3打点で打率.375。試合は4-5でカブスが今季初黒星を喫した。

 開幕からの2戦は6番だったが、この日は5番でクリーンアップに。初回2死一、二塁の第1打席でスライダーをとらえると、打球は悠々と左中間スタンドに着弾した。メジャー10打席目での初アーチは、打球速度110.9マイル(約178キロ)、飛距離412フィート(約125.6メートル)の豪快弾。三塁を回ったところで、オープン戦でも見せた“合掌ポーズ”を披露。ベンチでチームメートと抱き合い、最高の笑顔を見せた。

 3回2死走者なしの第2打席は冷静にボールを見極めて四球。6回1死の第3打席は初球を打って遊ゴロに倒れ、8回1死の第4打席は見逃し三振に倒れた。それでも3戦連続安打、2戦連続打点をマーク。出塁率.538を誇る。

 メジャーデビュー戦となった7日(同8日)の開幕戦では初安打を記録し、9日(同10日)には初の適時打を含む3打点をマーク。まだ3戦目ながら、チームに大きな“恩恵”をもたらしている。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY