大谷翔平の二刀流に敵将も感心「両方をハイレベルでできるのはアメージング」

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

マーリンズのマッティングリー監督は「ハイライトは見ている」

■エンゼルス ー マーリンズ(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、本拠地で行われるマーリンズ戦に「1番・指名打者」で先発出場する。試合前にはマーリンズのドン・マッティングリー監督も二刀流での活躍を絶賛した。

マーリンズのドン・マッティングリー監督【写真:小谷真弥】
マーリンズのドン・マッティングリー監督【写真:小谷真弥】

 敵将ですら驚きを隠せない。大谷について最も感心すべき点を聞かれると「投打両方での活躍。プレーを直接(じっくりと)見たことはないが、ハイライトは見ている」。さらに「投打両方をハイレベルでできるのはアメージング」と賛辞を送った。

 メジャー5年目で初めて開幕投手を務め「1番・投手兼DH」で出場した7日(同8日)のアストロズ戦は、敗戦投手にこそなったものの5回途中1失点と好投した。開幕5戦目、野手として初アーチは飛び出すか。再びマッティングリー監督をうならせるほどの打撃が期待される。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY