“誤審疑惑”が早くも勃発「信じられない」 明らかな1球にファン批判「酷すぎる」

猛抗議するマーリンズのドン・マッティングリー監督(右)【写真:AP】
猛抗議するマーリンズのドン・マッティングリー監督(右)【写真:AP】

マッティングリー監督は球審のストライク判定に抗議、36度目の退場となった

■エンゼルス 6ー2 マーリンズ(日本時間12日・アナハイム)

 マーリンズのドン・マッティングリー監督が11日(日本時間12日)、敵地でのエンゼルス戦で退場処分を受けた。球審のストライク判定に抗議した。ファンも判定に疑問を抱いたのか、「酷すぎる」「信じられない」と声をあげている。

 事が起きたのは3点を追う4回1死。4番のアギラルがカウント1-0から見送った低めの変化球を、ストライクとコールされた直後だった。球審が一塁ベンチのマッティングリー監督に向けて退場を宣告。通算36度目の退場となったマーリンズの指揮官はベンチを出て身振りを交えながら球審に抗議した。

 地元放送局「バリースポーツ・フロリダ」が公式ツイッターに動画を投稿すると、「審判が酷すぎる」「なぜあれがストライクなんだ」「マーリンズにとっての試合を全部変えてしまった」とファンは反応。「ロサンゼルス・タイムズ」のマイク・ディジョバンナ記者の投稿には「この球審は多くの誤審をしている」と声が寄せられた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY