鈴木誠也は「凄くいい選手になる予感」 2試合連続アーチに米メディアも驚愕

カブス・鈴木誠也【写真:AP】
カブス・鈴木誠也【写真:AP】

ピッツバーグの地元TV局は「セイヤ・スズキがキンタナを攻略」

■パイレーツ ー カブス(日本時間13日・ピッツバーグ)

 カブスの鈴木誠也外野手が12日(日本時間13日)、敵地で行われたパイレーツ戦で2試合連続アーチを放った。右中間スタンドへ運んだこの一発に、米メディアも大注目だ。

 米メディア「WFRV Local 5」のスポーツレポーター、カイル・マルザン氏は「セイヤ・スズキは凄くいい選手になる予感がする」と驚き。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」は「セイヤ・スズキはフィールドのどこにでも打てるし、非常に遠くまで飛ばせる」と打撃を高く評価した。

「5番・右翼」で先発した鈴木は、5回無死で迎えた第2打席、メジャー通算83勝左腕・キンタナの高めの球を右中間スタンドに運び、先制点を奪い取った。ピッツバーグの地元TV局「KDKA TV」のスポーツディレクター、ボブ・ボンペアニ氏は「セイヤ・スズキがキンタナを攻略」とつぶやいた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY