大谷翔平、初の満塁被弾は「失投をしっかり打たれた」 打撃も「そこまで良くない」

レンジャーズ戦に先発し2敗目を喫したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
レンジャーズ戦に先発し2敗目を喫したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

3回2/3を6安打6失点で今季2敗目、バットでも4打数1安打2三振

■レンジャーズ 10ー5 エンゼルス(日本時間15日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地で行われたレンジャーズ戦に「1番・投手」で先発。2点リードの2回に米国で初となる満塁弾を浴びるなど、4回途中6安打6失点で降板し今季2敗目を喫した。打撃では9回に二塁打を放ち4戦連続安打。ただ本塁打はなく、開幕からのノーアーチは米国でのワーストとなる30打席に伸びた。

 試合後の大谷は「いい球はあったが、ムラがあった。2回は四球がいらなかった。失投をしっかり打たれた」と自身の投球を振り返った。2回は先頭からの連続安打で1死一、二塁のピンチを招き、さらに四球で満塁とされてからハイムに右翼へ満塁弾を浴びた。スプリットを本塁打されるのも初めてだが、そこに行くまでの過程を悔やんだ。

 さらに打撃についても「甘い球を見逃したりとかあるので。自分の状態がそこまでよくないのかなというのが強い」。開幕から1週間、いまだ本調子とはいかない様子だ。

 開幕からまだ本塁打がないことについて「いい角度で上がっている打席もある。少し詰まったりとか先に当たったりとか、ちょっとの軌道のずれなのかな」とした。その原因はある程度つかめている様子で「酷くずれてるという感じはしないけど、動き出しの準備がちょっと遅れている」と感じている。

 投打で起きているズレについて「修正はもちろんできると思う。いいボールもあったので。普段なら起きないような動きが起きる原因は必ずある」と口にした大谷。すぐにでも修正を進めていく。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY