大谷翔平、287日ぶり1試合2発でエ軍逆転勝ち お目覚め1号先頭打者初球弾&反撃2号2ラン

第1打席で今季1号となる先頭打者弾を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第1打席で今季1号となる先頭打者弾を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

開幕8戦31打席目で生まれた待望の今季1号に敵地どよめく

■エンゼルス 9ー6 レンジャーズ(日本時間16日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地・レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発出場し、今季初本塁打を含む1試合2発の大暴れを見せた。初回に1号プレーボール弾を放つと、5回に特大2号2ラン。5打数2安打3打点の活躍で打率.206となった。チームは9-6で打ち勝った。

 待ちに待った一発は初回先頭だった。オープナーの右腕ブッシュの初球、95.9マイル(約154.3キロ)の高めフォーシームを強振し、右中間へ1号先頭打者アーチをかけた。開幕8戦31打席目で生まれた一発。初回先頭打者弾は昨年10月3日(同4日)のマリナーズとのシーズン最終戦以来、自身5本目だ。打球速度108マイル(約174キロ)、飛距離406フィート(約124メートル)、角度41度。敵地ファンもどよめくムーンショットだった。

 開幕から7試合ノーアーチだった。「ちょっとの軌道のズレなのかなと思う。いい軌道で入っていけばヒットになってくれるものなので」と自己分析。2020年に開場したグローブライフ・フィールドでは自身初アーチで、ア・リーグ15球団の本拠地を制覇。自軍ベンチへ戻ると、カウボーイハットを被って祝福された。

 3回1死は見逃し三振。再びアーチをかけたのは5回1死一塁だ。左腕アラードから右翼席中段へ消える特大2号2ラン。打球速度108マイル(約174キロ)、飛距離415フィート(126メートル)。1試合2発は2021年7月2日のオリオールズ戦以来287日ぶりで通算7度目だ。

 6回2死一塁は一ゴロ、9回先頭は空振り三振に倒れた。この日は初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの功績を称える「ジャッキー・ロビンソン・デー」。背番号「42」を着用した大谷が、豪快に復活を遂げた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY