ダルビッシュに勝利投手の権利 5回まで2安打無失点、大乱調からしっかり修正

パドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
パドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

13日ジャイアンツ戦は自己最短1回2/3を9失点で敗戦投手となった

■パドレス ー ブレーブス(日本時間18日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手が17日(日本時間18日)、本拠地で行われたブレーブス戦で今季3度目の先発を果たし、5回まで2安打無失点。チームは2-0とリードしており、勝利投手の権利を手にした。

 初回、先頭のオジー・アルビーズを空振り三振。マット・オルソンに左前打されたが、後続を2者連続空振り三振に斬った。2回には2点の援護をもらい、快調にアウトを積み重ねた。

 2年連続の開幕投手を務めた7日(同8日)のダイヤモンドバックス戦では6回無安打無失点の快投も、白星とはならず。すると12日(同13日)のジャイアンツ戦では一転、初回にいきなり6失点するなど自己最短の1回2/3を9失点と乱調で敗戦投手となっていた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY