鈴木誠也の「銅像を建てろ」 衝撃の逆方向弾にファン虜「史上最高の選手」

敵地でのロッキーズ戦で本塁打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】
敵地でのロッキーズ戦で本塁打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】

7回に右翼席へ5試合ぶりの4号ソロでデビューから8試合連続安打

■カブス 6ー4 ロッキーズ(日本時間18日・コロラド)

 カブスの鈴木誠也外野手が17日(日本時間18日)、敵地で行われたロッキーズ戦で5試合ぶりの4号ソロを放った。敵地も拍手に包まれた逆方向への一発。「殿堂入りさせろ」「史上最高の選手」とファンも興奮を隠せない。

 7回の第4打席、右腕ゴードウの甘く入った93マイル(約150キロ)を右翼席最前列に運ぶ5試合ぶりのソロでチームの勝利に貢献した。これで9試合で4本塁打、デビューから8試合連続安打の活躍で米国のファンも虜にしている。

 MLB公式ツイッター、カブス公式ツイッターが“逆方向弾”の映像を公開。ファンからは「新人王。それも断トツで」「彼の笑顔、彼のスイング」「マイク・トラウト。バリー・ボンズ。セイヤ・スズキ」「銅像を建てろ」と絶賛のコメントが並んだ。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY