鈴木誠也、4号ソロに地元放送局も大興奮「本物!そして壮観!」 “ファン激増”も予想

敵地でのロッキーズ戦で本塁打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】
敵地でのロッキーズ戦で本塁打を放ったカブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】

実況ベス・モーウィンズ氏「並外れた打撃を続けています」

■カブス 6ー4 ロッキーズ(日本時間18日・コロラド)

 カブスの鈴木誠也外野手が17日(日本時間18日)、敵地で行われたロッキーズ戦の第4打席に右翼席へ5試合ぶりとなる4号ソロを放った。打球速度98.4マイル(約158.4キロ)、飛距離382フィート(約116.4メートル)で逆方向へ運んだ一発に、地元放送局も大興奮だった。

 マーキースポーツ・ネットワークの解説ジム・デシェイーズ氏は「スズキはカブスにとって素晴らしいことをし続けています。彼は本物! そして壮観です! 今回は逆方向弾!」と絶賛。実況ベス・モーウィンズ氏も「並外れた打撃を続けています! 打率4割超、ホームラン4本、11打点!」と声を張り上げた。

 鈴木はデビューから8試合連続安打をマーク。9試合で4本塁打11打点、打率.400、OPS1.503。デシェイーズ氏は「次の本拠地での試合ではスズキのシャツを着たファンをたくさん見ることになるでしょう」と話した。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY