西武ベンチも困惑「そんなルール知らなかった」 大キャッチしたのにファウルの珍事

フェンスに登りながらボールをキャッチした西武・山野辺翔【画像:パーソル パ・リーグTV】
フェンスに登りながらボールをキャッチした西武・山野辺翔【画像:パーソル パ・リーグTV】

西武・山野辺がフェンスに登ってキャッチしたのに…

■西武 ー ロッテ(20日・ベルーナドーム)

 ベルーナドームで行われた西武-ロッテ戦で、大ファインプレーが水泡に帰す珍プレーが起きた。三塁ファウルゾーンに上がった打球を西武の山野辺翔内野手がフェンスに登りながらキャッチ。場内は喝采だったが、判定はファウルに。思わぬ結論に、ファンからも「こんなルール知らなかった」と驚きの声が上がった。

 両チーム無得点の4回2死一、二塁の場面で、ロッテ・福田光の打球は三塁フェンス側に上がった。山野辺はフェンスに足をかけて好捕。拍手が巻き起こったが、判定はファウル。西武ベンチも困惑の表情でリプレー検証を求めたが、防球ネットを掴んでいたため、判定はファウルのまま変わらなかった。

 山野辺は思わず頭を抱える仕草。思わぬ“落とし穴”で珍プレーになったシーンを「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeも大注目。ファンからは「いずれにせよナイスプレーなのだ」「アウトだと思ったけどなぁ」「アウトじゃないの?」などとコメントが寄せられていた。

【実際の映像】フェンスに登ってキャッチしたファインプレーなのに…ファウルになった“珍場面”

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY