大谷翔平、完全試合途切れるも米メディア絶賛の嵐 「どれだけ幸運なのだろう」

6回を投げ12奪三振無失点と好投したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
6回を投げ12奪三振無失点と好投したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ここまで9打数0安打だったカストロに初安打許し、米記者は「腹立たしい」

■アストロズ ー エンゼルス(日本時間21日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地・アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で出場し、6回途中までパーフェクトに抑える圧巻の好投を見せた。6回1死で安打でこの日初の走者を出して完全投球が途切れると、米メディアからも「見ていて楽しい」と喝采の声があがった。

 初回に自身の2点二塁打などで大量6点の援護をもらった大谷。初回からエンジン全開でいきなり2つの三振を奪うと、そこから驚愕の奪三振ショーとなった。3回無死から6者連続三振。6回1死まで自身最多の12個の三振を奪い、パーフェクト投球を続けた。

 だが、かつてのチームメートだったカストロに中前安打を浴びて、初めて走者を背負い、完全試合はならず。この瞬間、米記者からも残念がる声があがり、MLB公式サイトのサラ・ラングス記者は自身のツイッターで「真面目な話……私たちはショウヘイ・オオタニを目撃することができてどれだけ幸運なのだろう?! 完全試合は途切れても、彼は見ていて信じられないぐらい素晴らしい」と綴った。

 また、エンゼルス公式ラジオ局のキャスターを務めるトレント・ラッシュ氏は「オオタニはもう完全ではなくなった。カストロが3-2カウントから6回に途切れさせた。ショウヘイはそれでもまだ間違いなく絶好調だ。見ていて楽しい」と絶賛。米メディア「CBSロサンゼルス」のジェイク・ライナー記者も「ジェイソン・カストロの今季初ヒットがショウヘイ・オオタニの完全試合を途切れさせた。彼はそれまで9打数0安打だった。神よ、これはとても腹立たしいよ」と綴った。

 大谷はその後、四球を与えて2死一、二塁のピンチを招くも、ブラントリーを二ゴロに打ち取って無失点で凌いだ。完全試合こそ途切れたものの、この日の投球は米国にも大きな反響を与える好投となった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY