大谷翔平、12奪三振呼んだスライダーに米驚愕 40センチの変化に「とんでもない」

6回12奪三振無失点の好投で今季初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
6回12奪三振無失点の好投で今季初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

この日はスライダーが冴え渡り、空振りをたびたび奪う

■エンゼルス 6ー0 アストロズ(日本時間21日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が圧巻の奪三振ショーで今季初勝利をマークした。20日(日本時間21日)、敵地・アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で出場。6回途中までパーフェクトに抑え、6回1安打無失点の好投で勝利投手となった。この日はスライダーが特に冴え渡り、ファンからも「クレイジー」と驚きの声があがるほどの斬れ味だった。

 初回に自身の2点二塁打などで大量6点の援護をもらった大谷がアストロズ打線のバットに空を斬らせまくった。初回からいきなり2三振。3回無死から6者連続三振を奪うと、6回まで先発全員三振で自身最多タイの12三振を奪った6回1死でカストロに安打を浴びて完全は途切れたものの、6回1安打無失点の快投だった。

 この日はスライダーを軸にアストロズ打線をねじ伏せた大谷。ジェレミー・ペーニャに投じた1球は水平方向に40.6センチも変化したとされ、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏はこの1球を含めたスライダーを特集した動画を「ショウヘイ・オオタニ、とんでもないスライダー」と紹介。ファンからも「クレイジー。うち相手じゃなかったらよかったのに」「なんだっっっーて」「ゲームじゃなくて本物なの?」「えぐい」と唖然とするコメントが並んでいた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY