元「リトル世界一」清宮幸太郎の“後輩” 米国の高校でプレーする理由とは

2017年のリトルリーグ・ワールドシリーズに出場した藤原隆聖【写真:Getty Images】
2017年のリトルリーグ・ワールドシリーズに出場した藤原隆聖【写真:Getty Images】

北砂リトルの一員として世界一になった藤原隆聖

 東京出身の日本人高校生が、米国の高校球界に身を投じ注目されている。カリフォルニア州のジェイセラ高でプレーする17歳の藤原隆聖は、左翼のレギュラーとしてプレーし、米国の大学で野球を続けることが決まっている。ロサンゼルス・タイムズが伝えている。

 この記事は「オレンジカウンティに興奮をもたらしている日本人野球選手は、大谷翔平だけでない」というセンセーショナルな書き出しで、東京の北砂リトルの一員として2017年に世界一となった藤原を紹介している。北砂リトルは日本ハムの清宮幸太郎内野手の出身チームでもある。

 藤原のプレーは「守備やバント、打撃など野球の基本が非常に優れている」と評されている。現在ホストファミリーと暮らしながら、チームのレギュラーとして活躍中だ。

 ジェイセラ高はトーナメント大会の「ボラス・クラシック」に参戦、12-5でサンディエゴのセントオーガスティン高を破った準々決勝で、藤原は初回にヒットエンドランを決め4得点の口火を切った。さらに二塁打も記録したという。

日本でのリトル時代は「実は野球が好きではなかった」

RECOMMEND

CATEGORY