大谷翔平、3三振&今季初併殺打に本拠地ため息 2戦ぶり無安打でエ軍は惜敗

「1番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「1番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本拠地オリオールズ戦に「1番・指名打者」で先発出場

■オリオールズ 5ー3 エンゼルス(日本時間23日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地・オリオールズ戦に「1番・指名打者」で先発出場し、3打席連続三振に倒れた。一発同点の8回は今季初の併殺打。4打数無安打3三振で打率.220。チームは3-5で敗れ、20連戦黒星スタートとなった。

 初対戦の左腕ジマーマンの変化球攻めに苦しんだ。初回先頭はチェンジアップに、3回先頭はスライダーに空振り三振。1点を返した6回2死はスライダーに3球三振した。1試合3三振は今季3度目だ。

 2点を追う8回1死一塁では救援左腕ペレスと対戦。中堅方向へ強い打球を放ったが、遊ゴロ併殺打に倒れた。本拠地にはため息が充満。多くのファンが帰路についた。

 この日からチームは東海岸遠征を含む20連戦。ジョー・マドン監督は大谷の起用法について、「次の20試合のうちに休みを取らせる必要があるかもしれないが、本人と話をして決める」と話した。取りこぼしを避けたいところだ。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY