大谷翔平、敵軍ベンチに危険知らせる“絶叫” 咄嗟の対応が「本当に紳士」

オリオールズ戦に「1番・指名打者」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
オリオールズ戦に「1番・指名打者」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

初回に放った打球が敵軍の一塁ベンチを強襲した

■エンゼルス ー オリオールズ(日本時間23日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地でのオリオールズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。初回の打席で敵軍の一塁ベンチへファウルを飛ばし、叫び声をあげる場面があった。打った瞬間に声を上げ、打球の行方を心配する大谷に「結局アブナイ! と注意する大谷さん」といった声が寄せられている。

 大谷が放った打球はワンバウンドで一塁ベンチを強襲。「危ないっ!」と絶叫したが、手前の防護ネット上部に当たってことなきを得た。大谷は右手を上げ、胸を叩くジェスチャーを一塁ベンチに向けた。エンゼルスの地元放送局「バリースポーツ・ウエスト」で解説を務めるマーク・グビザ氏は「ダグアウトの選手たちはあの打球ですぐに目が覚めますね(笑) 『アイム・ソ―リー』といった感じですね」と説明。さらにリプレーを見ながら「気を付けて!といったところでしょうか」と続けた。

「バリースポーツ・ウエスト」が公式ツイッターに大谷が絶叫するシーンの動画を投稿すると、ファンは反応。「胸トントンまでして、彼らしい」「凄い打球だから… ほんとうに危ない」「ナイスガイ」「大谷翔平選手の気遣いに絶賛」「ファールボール危ないと注意喚起してるだけなのに、かわいいから困る」とコメントしている。また他のSNSでも「本当に紳士」「ファウルの行方を心配する優しい大谷くん」という声も寄せられている。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY