ダルビッシュの今季2勝目が消滅 6回1安打無失点の好投も、リリーフ陣がリード守れず

本拠地でのドジャース戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
本拠地でのドジャース戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

序盤は制球に苦しんだものの、3回以降は立て直す

■パドレス ー ドジャース(日本時間24日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手の今季2勝目が消滅した。23日(日本時間24日)に行われた本拠地でのドジャース戦に先発。強力ドジャース打線を相手に6回まで1安打無失点7奪三振の好投したものの、リリーフ陣が追いつかれた。

 ダルビッシュは2回、スミスの右前安打、テイラー、ラックスへの連続四球で満塁のピンチを招いたものの、ベッツを空振り三振に仕留めた。2回まで3つの四球を与えて制球に苦しんでいたものの、3回以降は別人のように立て直した。

 3回を3者凡退に抑えると、4回も連続三振を奪うなど3人斬り。5回、6回もドジャース打線に走者も出させず、6回1安打無失点7奪三振の好投。今季2勝目の権利を持ったまま90球でマウンドを降りた。

 この時点でパドレスは2点をリードしていたものの、8回にマウンドに上がった3番手のガルシアが誤算。テイラー、ラックスの連打で一、三塁とされると、代わったロジャースがターナーに左越えの2点適時二塁打を浴びて同点に追いつかれ、ダルビッシュの白星もなくなった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY